マイクロSDカードはメモリーカード

マイクロSDカードはメモリーカードの種類になります。
SDメモリーカードは、フラッシュメモリに属する
カードで、携帯電話、デジタルカメラなどのモバイルに
対応されて、幅広く利用されているものです。


私たちも知らず知らずとデジタルカメラで使用するように
なっていたり、今では家電製品などにも利用されているので、
かなり見たことのあるものかな? という感じがしますね。


マイクロSDカードもメモリーカードの一つですが、
現在発売されているメモリーカードの中では、一番小さいかな?
2005年7月13日に承認されたメモリーカードがマイクロSDカードです。
トランスフラッシュの仕様をもっているものです。


マイクロSDカードなどのメモリーカードは、携帯電話が画像や
映像、さらにはテレビという機能を持ち合わせるようになってから、
どんどん小型化されました。さらに、映像や画像などのデータを
記憶するマイクロSDカードは、メモリーカードとして容量が
大きいものが最近人気のようです。


マイクロSDカードのようなメモリーカードは、デジタルカメラが
小型化したことでも進化していったようです。
小型で、大容量のメモリーカードがなければ、
写真などを数多く記憶させておくことができませんね。


最近では、携帯電話やデジタルカメラ以外にも、デジタルオーディオプレイヤー
などにも、増設用ということで、マイクロSDカードスロットがついている
ものもあるそうだ。記憶というものが必要な機器には、
こうしたマイクロSDカードのようなメモリーカードが一番いいよね。

Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録